新米記者トロッコ 私がやらねば誰がやる!

ストーリー

トロッ子とは、新聞業界用語で「新人記者」のこと。
「まだ記者(汽車)として一人前でない=トロッコ」といった冷やかしの意味合いがある。現在ではあまり使われていない」
文学少女の所結衣(藤吉夏鈴)は憧れの作家“緑町このは”が在籍するとされる名門・私立櫻葉学園高等学校に入学。しかし、コンクールを連覇するなどエリートの集まる文芸部への入部は叶わなかった。落ち込む結衣に文芸部の部長・西園寺茉莉(久間田琳加)が手を差し伸べ、正体不明の作家“このは”を見つけ出せば入部を許可するという条件を提示。結衣は、“このは”へのインタビュー実績がある学園非公認の新聞部に潜入し、部長・かさね(髙石あかり)のもとで新米記者(トロッ子)として活動することになる。
記者として、教師たちの不祥事に切り込む 2 人を快く思わない、学園の理事長(髙嶋政宏)に理不尽な圧力をかけられ窮地に立たされる新聞部。しかし、結衣は一念発起し元文芸部の松山秋(綱啓永)らと協力して理事長、そして学園の闇へと切り込む。真実が明かされていく時、結衣が選ぶ道とは。

作品データ

監督: 小林啓一

出演: 藤吉夏鈴(櫻坂 46)/髙石あかり/久間田琳加/中井友望/綱啓永/外原寧々/ゆうたろう/筧美和子/石倉三郎

公式サイト:https://torokko-movie.jp/

(金)

ロードショー

上映劇場

東北
関東
  • ムービル
東海
近畿
中国
九州

上映スケジュール

関東

ムービル

ムービル

109CINEMAS MOVIL

※情報が更新されない場合は「オンラインチケット購入」のページからご確認ください。

上映スケジュールが未確定です。

備考

  • ※青少年の方(18歳未満等対象の劇場が所在する都道府県の青少年保護条例で定める青少年)は、深夜営業及び映画の終映時間が午後11時(大阪府、群馬県、三重県は午後10時)を越える上映回は当該条例の定めにより入場できません。
    但し、条例が上記と異なる定めをしているときは、条例の定めるところによるものとします。
    大阪府においては16歳未満の方で保護者同伴でない場合は午後7時を過ぎる上映回にはご入場いただけません。
  • ※本編開始前には5~15分程度のCF・予告編がございます。予めご了承ください。
  • ※上映作品・スケジュール・上映シアター番号などは、予告なく変更する場合があります。何卒、ご了承下さい。
  • [L] Late Show Lマークの回はレイトショーとなります。サービス対象外の作品もございます。各劇場の鑑賞料金ページをご確認ください。
  • [PG12] Parental Guidance-12 12歳未満のお客様は、なるべく保護者同伴での鑑賞をお願い致します。
  • [R15+] Restricted-15 15歳以上のお客様がご覧いただけます。
  • [R18+] Restricted-18 18歳以上のお客様がご覧いただけます。
©2024「新米記者トロッ子私がやらねば誰がやる!」製作委員会
PAGETOP

-

ご鑑賞エリアをお選びください

  • CLASS S CLASS S

    各シアターの中央に位置する最上級のプレミアムシート。鑑賞後の特別ラウンジもご用意。
    詳しくはこちら
  • CLASS A CLASS A

    柔らかく快適な座り心地のプレミアムシート。ゆったりくつろぎながら映画をお楽しみください。
    詳しくはこちら