累 -かさね-

KASANE

ストーリー

幼い頃より自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた女・累。
今は亡き伝説の女優・淵透世を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持ちながらも、母とは似ても似つかない容姿に周囲からも孤立して生きてきた。そんな彼女に母が唯一遺した1本の口紅。
それは、キスした相手の<顔>を奪い取ることができる不思議な力を秘めていたー。
ある日、累の前に、母を知る一人の男・元舞台演出家の羽生田が現れる。累は羽生田の紹介で、圧倒的な“美”を持つ女・ニナと出会う。ニナはその美しい容姿に恵まれながらも、ある秘密を抱え、舞台女優として花開かずにいた。
母ゆずりの“天才的な演技力”を持つ累と、“恵まれた美しさ”を持つニナ。運命に導かれるように出会い、“美貌”と“才能”という、お互いの欲望が一致した二人は、口紅の力を使って顔を入れ替える決断をする。
累の“演技力”とニナの“美しさ”。どちらも兼ね備えた“完璧な女優”丹沢ニナは、一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。
しかし、累とニナ、二人がともに恋に落ちた新進気鋭の演出家・烏合が手掛ける大作舞台への主演が決まり、それぞれの欲望と嫉妬心が抑えられなくなっていく―。

*バリアフリー映画上映・新システム『UDCast』対応作品*
『UDCast』方式とは?詳しくはこちら

[目の見えない方、見えにくい方]がこのシステムに対応したスマートフォンiPod touch、タブレット端末などの携帯端末を入手し、無料アプリ「UDCast」をダウンロード。そのダウンロードした端末にイヤホンをつなげて映画を鑑賞すると、映画のシーンに同期して音声ガイドがイヤホンから流れてくるシステムです。
※9/7(金)対応予定

作品データ

監督: 佐藤祐市

出演: 土屋太鳳、芳根京子、横山裕、筒井真理子、生田智子、村井國夫、檀れい、浅野忠信

公式サイト:http://kasane-movie.jp/

(金)

ロードショー

2D

上映劇場

東北
関東
  • 高崎
  • 木場
東海
近畿
中国
九州

備考

『音声ガイド』対応作品※9/7(金)対応予定

上映スケジュール

関東

高崎

109シネマズ高崎

109CINEMAS TAKASAKI

※情報が更新されない場合は「オンラインチケット購入」のページからご確認ください。

木場

109シネマズ木場

109CINEMAS KIBA

※情報が更新されない場合は「オンラインチケット購入」のページからご確認ください。

東海

名古屋

109シネマズ名古屋

109CINEMAS NAGOYA

◎情報が更新されない場合はこちらからご確認ください。

四日市

109シネマズ四日市

109CINEMAS YOKKAICHI

※情報が更新されない場合は「オンラインチケット購入」のページからご確認ください。

上映スケジュールが未確定です。
明和

109シネマズ明和

109CINEMAS MEIWA

※情報が更新されない場合は「オンラインチケット購入」のページからご確認ください。

上映スケジュールが未確定です。

近畿

大阪エキスポシティ

109シネマズ大阪エキスポシティ

109CINEMAS OSAKA-EXPOCITY

※情報が更新されない場合は「オンラインチケット購入」のページからご確認ください。

上映スケジュールが未確定です。
箕面

109シネマズ箕面

109CINEMAS MINOH

※情報が更新されない場合は「オンラインチケット購入」のページからご確認ください。

上映スケジュールが未確定です。

備考

  • ※各都道府県条例により、終映時間が23時(大阪府・群馬県は22時)を超える上映は、18歳未満の方は保護者同伴でもご鑑賞いただけません。(一部県を除く)
    また、大阪府につきましては終映時間が19時を超える上映回に、16歳未満の方は保護者同伴でないとご鑑賞いただけません。
  • ※本編開始前には5~15分程度のCF・予告編がございます。予めご了承ください。
  • ※上映作品・スケジュール・上映シアター番号などは、予告なく変更する場合があります。何卒、ご了承下さい。
  • [L] Late Show Lマークの回はレイトショーとなります。サービス対象外の作品もございます。各劇場の鑑賞料金ページをご確認ください。
  • [PG12] Parental Guidance-12 12歳未満のお客様は、なるべく保護者同伴での鑑賞をお願い致します。
  • [R15+] Restricted-15 15歳以上のお客様がご覧いただけます。
  • [R18+] Restricted-18 18歳以上のお客様がご覧いただけます。
(C)2018 映画「累」製作委員会  (C)松浦だるま/講談社
PAGETOP