この世界の片隅に

KONOSEKAINO KATASUMINI

ストーリー

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。
夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

*バリアフリー映画上映・新システム『UDCast』対応作品*
『UDCast』方式とは?詳しくはこちら

[目の見えない方、見えにくい方]がこのシステムに対応したスマートフォンiPod touch、タブレット端末などの携帯端末を入手し、無料アプリ「UDCast」をダウンロード。そのダウンロードした端末にイヤホンをつなげて映画を鑑賞すると、映画のシーンに同期して音声ガイドがイヤホンから流れてくるシステムです。

作品データ

監督: 片渕須直

出演: 声の出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月

公式サイト:http://konosekai.jp/

(土)

ロードショー

2D

上映劇場

東北
関東
  • 港北
東海
近畿
  • HAT神戸
中国
九州

備考

『音声ガイド』対応作品

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
PAGETOP